• 0歳から始めるベビー英会話教室
  • 他の英会話教室との違いはココ!
  • ご家庭の環境を整えます!
  • 今、英会話が必要な理由
まずは無料体験レッスンへ!
ロビンズ・ネストの教室をご案内します。 0120-66-1059 無料体験レッスンについて お申し込みはこちらから
英検・コンテスト実績
  • 英検合格実績
  • スピーチコンテスト実績
こんな子供たちが育っています!!
クラス紹介
  • 0才~3才
    • ベビークラス
    • 英語であそぼうクラス
  • 3才~6才
    • キッズクラス
    • 親子ペアクラス
    • 英語であそぼうクラス
    • 読み書きクラス
  • 6才~12才
    • 小学生クラス
    • 英語で話そうクラス
    • 読み書きクラス
  • 中学生・高校生クラス
    • 英会話クラス
    • 文法クラス
  • 帰国子女クラス
  • ママのための英会話
  • 大人クラス
  • 多言語クラス
  • プライベートクラス・セミプライベートクラス
ギャラリー
  • スピーチコンテスト動画
  • フォトギャラリー
メニュー
  • ロビンズネストブログ
  • スピーチコンテスト
  • 英検実績
  • みんなの声
  • よくある質問
  • 講師紹介
  • 留学
  • イベント
  • 年間行事
  • 最新情報
  • 会社概要
教室一覧
  • 六本松校
  • 平尾校
  • 西新校
  • 香椎校
  • 春日校
  • 筑紫校
携帯電話スマートフォンからはこちら! ロビンズネストの YouTubeチャンネル

HOME > ロビンズネスト・ブログ > アーカイブ > 2009年3月

ロビンズネスト・ブログ 2009年3月

子どもを伸ばす・ダメにする7つの"くちぐせ"  (6)

第6回目は、"自立心" です。

 

子育ての目標は、子どもが日常の生活習慣、社会文化的な週刊を身に付け、親の直接的な保護を受けていた状態から自分の力で生活できるようにすることです。 親は、子どもが自分自身でできるようになるために、日々、いろいろのことを教えたり、一緒にやったり、見守ったり、支えたりしていきます。 幼少期の子どもたちは、親から直接的に世話されることが当たり前ですから、親がすべての世話をし続けていたら、子どもはやってもらうのが当たり前になり、自らやろうとしなくなるでしょう。 子どもにとって、してもらえる安心感を持つことは大切ですが、一緒にやってみること、やってみてできる経験をすること、それをともに喜んでもらえることも同様に大切です。 このような過程で、自分のことはできるだけ自分でするという自立心が芽生えてきます。

 

lovely伸ばす口癖   "一緒にやってみよう" "~ちゃんがやってみる?" "自分でできたね"

 

自立心を伸ばすには、本人が自分ですることを励ます言葉、その結果、ある程度うまくいくことを実感できるような言葉をかけることが必要です。

すべてやってあげるのではなく、徐々に"ママと一緒にやってみる?""今度は~ちゃんがやってみる?" と子どもが力を発揮できる場面をつくっていきましょう。その結果、達成感が得られるように

"自分でできたじゃない"と子ども自身の力の結果としてできたことを伝える言葉をかけると、子どもは自立心が高まるでしょう。

 

bearingダメにする口癖  "どうせ無理よ""一人じゃ何もできないのね"

 

子どもが何かをしようとしたとき、"どうせ無理よ"と過小評価して手伝ってしまったり、失敗したとき、"一人じゃ何もできないんだから"とけなすような言葉をかけると、子どもは自分でやろうとせず、なんでもかんでもお母さんにやってもらおうとします。 その方が手軽で失敗しないからです。

しかし、やがて同年齢の子ども集団の中で過ごすようになったとき、自分のことは自分で処理するよう求められて困ってしまうのは、子ども自身なのです。

 

 

レッスンの中でも、自分のお子さんに最初に答えてほしいがために、子どもに考える時間を与えず、

お母さんがすぐに答えを教えてしまわれることがあります。たとえ一番に答えても、 子どもはちっとも

うれしそうではありません。 それもそのはずです。本人が考えたわけでもない、ただお母さんの言う

ことをまねただけなのですから。  嬉しそうなのは、お母さんですが。。。。。。???

だからと言って、"さあ、答えなさい"  "ほら、いいなさい"  と、ただただ急きたてても、子どもは委

縮するばかりです。 なんでも、"自分でやりなさい" と突き放すことが、その子の自立を促すのでは

ありません。 "ああ、できた" "やれば、できるんだ" と、本人が 感じられるように、上手に手助け

することが大切です。 この"上手に "というのが、。 なかなか難しいところですが。 そこが母親の

腕の見せ所です。 もし、自分だったらこんな時、どんなに言われたいかな? と自問自答するのも

いいかもしれませんね。  子どもといえど、ちゃんとした一人の人格です。 お母さんと同じように、

プライドも、喜怒哀楽の感情も、十分に持っています。  個人を尊重すれば、おのずと、その子にあ

ったほめ方、助け方が分かるのでは???

たとえ小さなことでも、その子にとって、昨日できなかったことが今日できたら、大いに褒めてあげまし

ょう。 それが分かるのは、いつも子供のそばにいるお母さんだけなんですから。


1

« 2009年2月 | メインページ | アーカイブ | 2009年4月 »

このページのトップへ