• 0歳から始めるベビー英会話教室
  • 他の英会話教室との違いはココ!
  • ご家庭の環境を整えます!
  • 今、英会話が必要な理由
まずは無料体験レッスンへ!
ロビンズ・ネストの教室をご案内します。 0120-66-1059 無料体験レッスンについて お申し込みはこちらから
英検・コンテスト実績
  • 英検合格実績
  • スピーチコンテスト実績
こんな子供たちが育っています!!
クラス紹介
  • 0才~3才
    • ベビークラス
    • 英語であそぼうクラス
  • 3才~6才
    • キッズクラス
    • 親子ペアクラス
    • 英語であそぼうクラス
    • 読み書きクラス
  • 6才~12才
    • 小学生クラス
    • 英語で話そうクラス
    • 読み書きクラス
  • 中学生・高校生クラス
    • 英会話クラス
    • 文法クラス
  • 帰国子女クラス
  • ママのための英会話
  • 大人クラス
  • 多言語クラス
  • プライベートクラス・セミプライベートクラス
ギャラリー
  • スピーチコンテスト動画
  • フォトギャラリー
メニュー
  • ロビンズネストブログ
  • スピーチコンテスト
  • 英検実績
  • みんなの声
  • よくある質問
  • 講師紹介
  • 留学
  • イベント
  • 年間行事
  • 最新情報
  • 会社概要
教室一覧
  • 六本松校
  • 平尾校
  • 西新校
  • 香椎校
  • 春日校
  • 筑紫校
携帯電話スマートフォンからはこちら! ロビンズネストの YouTubeチャンネル

HOME > ロビンズネスト・ブログ > アーカイブ > 2014年2月

ロビンズネスト・ブログ 2014年2月

2013年度英語検定試験の結果が出ました。126人受験108人合格  0才からの英会話ロビンズ・ネスト福岡

パソコン留学  0歳からの英会話ロビンズネスト福岡

先日、高校の同級生で現国会議員の大久保勉君からメールが届きました。
彼は、京都大学卒業後、東京銀行勤務、アメリカ・ニューヨークに本拠を置く世界的な金融機関グループ モルガンスタンレーMorgan Stanley, NYSE: MS)で、10年勤務し、取締役まで務めた人物です。
輝かしい経歴の持ち主ですが、おごり高ぶるところは全くなく、極めて謙虚で実直な人柄です。
たまに会っては、飲んだりしてます。
国会議員という立場上、日々忙しいのでしょうが、4月からパソコン留学をするそうです。
素晴らしい向学心とタイムマネージメント力ですね。
コースは、piblic speaking を中心としたものです。
皆さんと情報を共有したいと思います。ご参考までに。もちろん私の子供たちにも薦めてます。

https://www.facebook.com/l/xAQE8_ZLHAQGKi4QVRMB5S3HJ7oMGlsDYuZ_SlB3Mla8YVA/https%3A%2F%2Fwww.coursera.org%2Fcourse%2Fpublicspeak%3Futm_nottype%3Dclass.welcome.email.share%26utm_linknum%3D1%26utm_classid%3D971383

 
 
 
 

恐るべし、2歳児、児童英語検定試験ブロンズ受験 福岡0才からの英会話ロビンズ・ネスト

2月9日日曜日に、ロビンズネスト各校で児童英検が行われました。どの子も少し緊張した面持ちで試験に臨んでしました。

みんな、頑張りましたね。偉い!!!

私は六本松校の試験監督をしたのですが、驚いたことに、ベビークラスを受講しているAちゃん(2歳)が、児童英検のブロンズを受講しました。

小さな女の子が、ちょこんと座って鉛筆を持って、英語を聞いて、解答用紙に丸(といっても、完全な丸ではなく、三角のような丸もあるんですが。。。)を付けていくんです。

よく見ていると、ちゃんと英語を聞いて絵を見て答えを考えて丸を付けているのです。すごーーーーーい。びっくりです。座って、鉛筆を持つだけでも大変なことなのに、番号の答えに丸を付けていくんです。

つまり、英語を理解していることはもちろんなのですが、数字もわかっているというとこですよ。恐るべし!!!!

かわいらしい事と言ったら。。。お持ち帰りしたかったな。。。帰宅して、主人や息子に話すと、、、「すごーーーーい。かわゆういいいいい」と連発してました。

我が家は、みんな子供が大好きで、小さい子を見るとみんな目を細めて喜ぶんです。孫ができたら、皆の争奪戦で大変そうです。

福岡0才からの英会話ロビンズ・ネスト  

代表取締役 中野 宏美                          

1

« 2013年12月 | メインページ | アーカイブ | 2014年3月 »

このページのトップへ