• 0歳から始めるベビー英会話教室
  • 他の英会話教室との違いはココ!
  • ご家庭の環境を整えます!
  • 今、英会話が必要な理由
まずは無料体験レッスンへ!
ロビンズ・ネストの教室をご案内します。 0120-66-1059 無料体験レッスンについて お申し込みはこちらから
英検・コンテスト実績
  • 英検合格実績
  • スピーチコンテスト実績
こんな子供たちが育っています!!
クラス紹介
  • 0才~3才
    • ベビークラス
    • 英語であそぼうクラス
  • 3才~6才
    • キッズクラス
    • 親子ペアクラス
    • 英語であそぼうクラス
    • 読み書きクラス
  • 6才~12才
    • 小学生クラス
    • 英語で話そうクラス
    • 読み書きクラス
  • 中学生・高校生クラス
    • 英会話クラス
    • 文法クラス
  • 帰国子女クラス
  • ママのための英会話
  • 大人クラス
  • 多言語クラス
  • プライベートクラス・セミプライベートクラス
ギャラリー
  • スピーチコンテスト動画
  • フォトギャラリー
メニュー
  • ロビンズネストブログ
  • スピーチコンテスト
  • 英検実績
  • みんなの声
  • よくある質問
  • 講師紹介
  • 留学
  • イベント
  • 年間行事
  • 最新情報
  • 会社概要
教室一覧
  • 六本松校
  • 平尾校
  • 西新校
  • 香椎校
  • 春日校
  • 筑紫校
携帯電話スマートフォンからはこちら! ロビンズネストの YouTubeチャンネル

HOME > ロビンズネスト・ブログ > 中野のつぶやき > シンガポールの教育システム、子ども英会話ロビンズ・ネスト春日市

ロビンズネスト・ブログ

< 漫画「君たちはどう生きるか」英会話ロビンズ・ネスト、筑紫野市原田  |  一覧へ戻る  |  将来の学力は10歳までの読書量で決まる、子供英会話春日市・大野城市 >

シンガポールの教育システム、子ども英会話ロビンズ・ネスト春日市

シンガポールの教育は独自のシステムをとっています。そのシステムの下、世界でも有数の高水準の教育を国民に提供しています。 
まずは、幼稚園から始まって、日本の小学校にあたるPrimaryが6年。
当地では、P1,P2という呼び方をします。
次に日本でいう中学校。Secondaryが4年から5年。
ここまでがBasic education。日本の義務教育の期間ですね。

但し、シンガポールの義務教育はPrimaryまで。
しかも、義務教育の制度ができたのが、2003年というから驚きです。

だからと言って、シンガポールの教育レベルが低いかというと全く反対で、世界でもトップクラスの教育レベルの国であります。

Secondaryの次は高校ではなく、Post Secondaryへの進学となります。(Secondaryの次の学校という意味です)
就学期間は1年から6年。
Post Secondaryの中には、高等専門学校、ジュニア・カレッジ等々の様々な種類の教育機関があります。

日本と違って、かなり複雑ですね。

小学校を卒業するときにPSLEという試験があり、ここで普通の中学校へ進んで大学進学の道を歩むのか、それとも、技術系の学校へ行くのかが決定します。

一応技術系の学校から大学へ進学というのも不可能ではないのですが、その為には複雑な進路と他のコースより長い年月が必要になります。

このPSLEのテストでよい点数を獲得するために、みんな必死になって勉強をするのです。親御さんの応援も半端ではありません。

勉強ができる子供は、上位を目指しなさい。そうではない子は早く社会に出て働きなさいというような制度とも言えなくもないですね。

但し、猫も杓子も大学へ行けてしまうような制度と比較すると、早い時期から技術系の学習を習得して社会に出る準備をする方が良い気もします。

先進国では、ドイツなども早くから職業訓練校に進む子供たちと、大学進学コースに進む子供たちに分かれます。

勉強に向いている子どもも向いていない子どもも、皆んな塾に行って勉強する日本。

勉強して「良い」と言われる大学へ行く事だけが道では無いはずです。

音楽が得意な子、スポーツが得意な子、芸術的な事に興味のある子、人それぞれの特性があります。

早い時期(小学卒業時点)にその特性に合わせた道を選んで進んで行くシンガポールの教育システム、どう思われますか?

福岡子供英会話スクール、ロビンズ・ネスト
筑紫野市、春日市、大野城市
福岡市 ( 平尾、香椎、六本松、西新)

代表取締役 中野 宏美
http://www.robins-nest.co.jp/smart/blog


カテゴリ:

< 漫画「君たちはどう生きるか」英会話ロビンズ・ネスト、筑紫野市原田  |  一覧へ戻る  |  将来の学力は10歳までの読書量で決まる、子供英会話春日市・大野城市 >

同じカテゴリの記事

漫画「君たちはどう生きるか」英会話ロビンズ・ネスト、筑紫野市原田

漫画「君たちはどう生きるか」英会話ロビンズ・ネスト、筑紫野市原田

Amazon児童書部門で売り上げNo1の児童書「君たちはどう生きるか」が、大人にも大人気だそうです。

今から80年前、1937年に文学者、吉野源三郎さんによって書かれた小説が初めて漫画化されたもの。

この小説が出版されたのは、日本が日中戦争に突入し、軍国主義が日に日に深刻になっていた時代。

ドイツではヒトラーが登場し、まもなく第二次世界対戦が始まろうとしていたころ。言論への弾圧も強まっていた世相に出版された小説。

今何故この本が売れているのか?

主人公は中学2年生の男の子、潤一君。父を亡くし母との2人暮らし。潤一君の良き理解者が、お母さんの弟で近所に住むおじさん。

潤一君が学校での出来事や悩みを打ち明けると、おじさんはその日の夜に「どう生きるべきか」のアドバイスをノートに書いてくれる。
その言葉が多くの若者達へのメッセージになっているという構成。

「人間の本当の価値」や「自分で考えることの大切さ」人生のテーマが学べる本、ということで児童書でありながら大人に人気の本。お子様からお母さんまで、みんなで楽しめるのでは?

福岡子供英会話スクール、ロビンズ・ネスト
筑紫野市、春日市、大野城市
福岡市 ( 平尾、香椎、六本松、西新)

代表取締役 中野 宏美
http://www.robins-nest.co.jp/smart/blog



iPhoneから送信


竈門神社、福岡子供英会話ロビンズ・ネスト

竈門神社、福岡子供英会話ロビンズ・ネスト

紅葉が美しいですね。
世界に誇れる日本の「美」です。カナダのメイプルの紅葉も圧巻ですが、日本の紅葉は箱庭に凝縮された小宇宙みたいで趣があります。

竈門神社の紅葉も綺麗です。
5時からはライトアップもされるんです。

福岡子供英会話スクール、ロビンズ・ネスト
筑紫野市、春日市、大野城市
福岡市 ( 平尾、香椎、六本松、西新)

代表取締役 中野 宏美
http://www.robins-nest.co.jp/smart/blog


iPhoneから送信


クリスマス、子供英会話ロビンズ・ネスト、筑紫野市原田駅

クリスマス、子供英会話ロビンズ・ネスト、筑紫野市原田駅

巷はクリスマス一色。

中野家でもささやかながらクリスマスの飾り付けをしました。いい感じ。


福岡子供英会話スクール、ロビンズ・ネスト
筑紫野市、春日市、大野城市
福岡市 ( 平尾、香椎、六本松、西新)

代表取締役 中野 宏美
http://www.robins-nest.co.jp/smart/blog







iPhoneから送信


Longboard, 子供英会話ロビンズ・ネスト、筑紫野市原田

Longboard, 子供英会話ロビンズ

食材調達担当の主人(笑)が、スーパーで、ハワイのビールを見つけて来ました。

ハワイのローカルビール、Longboard です。癖がなく飲みやすいビールです。

ハワイだど1本1ドルちょっとですが、日本のスーパーで450円だったそうです。驚。

昨夜は、ハワイアンの音楽を聴きながら、ささやかなハワイ気分の夕食でした。笑

福岡子供英会話スクール、ロビンズ・ネスト
筑紫野市、春日市、大野城市
福岡市 ( 平尾、香椎、六本松、西新)

代表取締役 中野 宏美
http://www.robins-nest.co.jp/smart/blog
 


乳幼児のスマホ、子供英会話ロビンズ・ネスト、春日市白木原

乳幼児の2割が毎日スマホを使用しているそうです。

平日1日あたりのスマホの使用時間は、15分未満が7割。

子供が騒ぐ時や、お母さんが手が離せない時、外出先での待ち時間にスマホを使うんだそうです。

そういえば、小さな子供が上手にスマホを使っている姿を見かけますねェ。現代っ子ですね。

でも、如何なものでしょうか?

うちの子供達が小さい頃は、いつも小さなバックに7つ道具を詰め込んで出かけたものです。

絵本、工作、お絵描きが好きだったので、「紙、ハサミ、ノリ、セロテープ、ホッチギス、クレヨン、鉛筆、消しゴム、それにお気に入りの小さな絵本」は必需品でした。

ちょっとの待ち時間には、いつも絵本を読んであげたものです。懐かしいですなぁ。


福岡子供英会話スクール、ロビンズ・ネスト
筑紫野市、春日市、大野城市
福岡市 ( 平尾、香椎、六本松、西新)

代表取締役 中野 宏美
http://www.robins-nest.co.jp/smart/blog

 


このページのトップへ