• 0歳から始めるベビー英会話教室
  • 他の英会話教室との違いはココ!
  • ご家庭の環境を整えます!
  • 今、英会話が必要な理由
まずは無料体験レッスンへ!
ロビンズ・ネストの教室をご案内します。 0120-66-1059 無料体験レッスンについて お申し込みはこちらから
英検・コンテスト実績
  • 英検合格実績
  • スピーチコンテスト実績
こんな子供たちが育っています!!
クラス紹介
  • 0才~3才
    • ベビークラス
    • 英語であそぼうクラス
  • 3才~6才
    • キッズクラス
    • 親子ペアクラス
    • 英語であそぼうクラス
    • 読み書きクラス
  • 6才~12才
    • 小学生クラス
    • 英語で話そうクラス
    • 読み書きクラス
  • 中学生・高校生クラス
    • 英会話クラス
    • 文法クラス
  • 帰国子女クラス
  • ママのための英会話
  • 大人クラス
  • 多言語クラス
  • プライベートクラス・セミプライベートクラス
ギャラリー
  • スピーチコンテスト動画
  • フォトギャラリー
メニュー
  • ロビンズネストブログ
  • スピーチコンテスト
  • 英検実績
  • みんなの声
  • よくある質問
  • 講師紹介
  • 留学
  • イベント
  • 年間行事
  • 最新情報
  • 会社概要
教室一覧
  • 六本松校
  • 平尾校
  • 西新校
  • 香椎校
  • 春日校
  • 筑紫校
携帯電話スマートフォンからはこちら! ロビンズネストの YouTubeチャンネル

HOME > ご家庭の環境を整えます!

ご家庭の環境を整えます!

バイリンガルに育てる環境づくりのためには、ご家庭での英語教育が必要です。

週1度の英語のレッスンに通うだけで、英語が喋れる子供が育つと思いますか?
バイリンガルに育てる環境づくりのためには、ご家庭での英語教育が必要です。
日本人の子供が日本語を身に付けられるのはなぜでしょうか。簡単です。子供が日本語に囲まれて育っていくからです。では、英語圏の子供が英語を身に付けられるのはなぜでしょうか。答えはもう分かりますよね。子供は生まれた時から、言語に囲まれて、聴いて育つのです。一番たくさん聞いた言葉が母国語となるのです。ですから、英語を身に付けさせたいのなら、まずはその環境を整えてあげる必要があります。

ご家庭用のレッスンCDを配布しています。

どうやって家庭環境を整えればいいの?
お母様またはお父様が日常で英語をお使いになれば、子供は自然に英語を身に付けます。でも、日本のご両親は英語が苦手な方が多いですよね。ではどうすればいいの?
ご両親に代わって大量の英語を子供が聴くために、ロビンズ・ネストではすべてのご家庭に家庭学習用のレッスンCDをお渡しし、それをかけていただくようお願いして います。

※DVDでは視覚からの情報が主となるので、耳を鍛えるためにはCDを聴くことをオススメしています。

ご家庭でのサポート教材・サポート体制 が充実しています。

お渡ししたCDをご家庭でお子様と一緒にお聴きください。講師がレッスンで使用するCDと同じものですので、ご家庭で何度でもレッスンが復習できるようになっています。だから盛りだくさんのレッスン内容を丸ごと覚えていけるのです。子供は暗記の天才です。週一回のレッスンでは、覚える量が限られています。その程度の量では、英語が理解できる子供は育ちません。

お母様のための英会話教材もご用意しています。

ご両親のためには、CDの内容がご理解いただけるように、すべての内容を英語と日本語で書いた教材もご用意しております。幼少期の子供は、親がそばにいることで集中して物事に取り組めます。この大切な時期に、親子で一緒に英語を学び、成果を競い合ってみても楽しいのでは?親子で何かを一緒に取り組める時間というのも限られていますよね。

また、お渡しするCDの中には、お父様やお母様が日ごろお子様に話しかける英語のフレーズも入っています。「おもちゃかたずけようね」「抱っこしようか」「どうしたの?」なんて、毎日何度口にしているでしょう。簡単な日常会話くらい英語で言ってみませんか?子供さんはみるみる生きた英語を覚えていきます。CDはパパとママにも勉強になる内容になっています。

英語以外の言語にも触れる機会を提供します。

現代、英語は社会の中で必要不可欠なものとなっていますが、今から10年20年後の社会はどうなっているでしょうか? 英語後進国の日本ですら、英語は当たり前の能力になっていることでしょう。その時武器になるのは、もう1か国語かもしれません。フランス語? 中国語? スペイン語? さあ子供たちは何語を使う世界で活躍することになるのでしょうか? 言語によって音の領域が違うといわれています。日本語だけの狭い音の領域に留まらず、様々な音に対応できる耳を、この柔軟な幼少期に鍛えておいてはどうですか? 忘れないで下さい。子供の脳は、大量吸収できるスーパーコンピューターなのです。

私は自分の子供たちには、幼少期から11か国語を聴かせて育てました。確かに二人とも語学のセンスは抜群です。中国語の授業では、「発音が綺麗だ。中国に住んでいたことがあるのか?」と中国人の先生に褒められたこともあるそうです。現在は大学でスペイン語を学んでいます。
 


無料体験レッスンについて お申し込みはこちらから

このページのトップへ