ロビンズネスト・ブログ

2008年ロビンズ・ネスト サマーキャンプ in 黒川、福岡0才から大人まの英会話スクール

2008年8月13日 21:11

今年もみんなで元気にサマーキャンプに行ってきました。8月7日から8月9日までの充実した2泊3日でした。 福岡では大雨のようでしたが、天気にも恵まれ、明るい笑いいっぱいのキャンプでした。

 【8月7日】

初日は自然がいっぱいの中でのランチのあと、グループ別のオリエンテーション。子どもたちはキャンプのしおりに沿って先生が説明するのを、一生懸命聞いていました。キャンプで使う英語のフレーズの練習、最終日のグループ別の発表会のための歌の練習。

夜はバーべキュー。自分たちで石を組んで炉を造り、小枝と新聞紙と炭で火をおこし、網の上で焼いて食べるのは初めての子供たちはおおはしゃぎ。

キャンプファイヤーでマシュマロを焼いて食べると、その甘さとおいしさに”one more please “.と次々に口に頬張る子が続出。焼いたマシュマロをチョコレートクッキーで挟んで食べるのが本場アメリカ 式。しかしこれが、超甘い!!ううう。。。。。。

お風呂は、みんなで大きな岩風呂へ。女の子と男の子に別れて間の仕切り越しに、お湯の掛け合いバトルが白熱!!!先生たちも童心に かえりキャーキャ大変な騒ぎ。

みんなで布団をひいて、絵本読み。各グループ好きな絵本を先生に呼んでもらって、おやすみなさい。  

【8月8日】

今日は広い公園で、思いっきり水遊び。黒川の水は冷たくて気持ちいい!!大きなウォーターガンに水をいっぱい詰めて、さあ、狙いを定めてshooooot!!!  このキャンプのために先生たちが去年から温めてきた秘密兵器の登場に、子どもたちは大興奮。前日から用意していたたくさんの水風船の飛来に公園を走り回る子たち。いろいろな形のシャボン玉で遊ぶ子、フラフープで遊ぶ子、虫を追いかける子、たくさんの笑顔がありました。

午後はグループ別のスイカ割り大会。鬼に向って  ” right” “left” “go straight”” back” “hit”” a little bit right” “go go go” ” stop”と英語を使って指示するも、なかなか思うように鬼は動かない!!

夜は英語の日記を書いたり、発表会の練習をしたり、モノポリーなどのゲームをしたりと、子どもたちも英語の生活にだいぶ慣れた様子。

【8月9日】

今日は発表会の日。朝から各グループ練習に励んだり、キャンプ中英語のフレーズを一番たくさん使った子の”表彰”のために、みんなラストスパート。先生たちの前には、スタンプをもらおうと長蛇の列。日頃レッスンで習った英語のフレーズを懸命に思い出して使ってました。

発表会の前に、今年はお楽しみタイム。デリック先生のマジックショー。目の前で見るマジックに子供たちはかぶりつき!!!わあ!!えぇっ!!

発表会は各グループがんばりました。優勝はLee先生のグリーングループでした。おめでとう!!

さあかたずけて、帰路に。”ええ、もう帰ると?”と言う子供達に、”See you next year!!” と先生たちも名残惜しそう。。。。

自然の中で子供たちのたくさんの笑顔と、旺盛な好奇心にスタッフみんな元気をもらいました。夜の満天の星、朝の小鳥のさえずり、さわやかな空気をたくさん吸って元気に帰ってきました。

また来年も楽しみにしています。  

福岡市中学生英語スピーチコンテスト、ロビンズ・ネスト生徒 優勝、ロビンズ・ネスト六本松校(福岡市中央区梅光園)

2008年8月13日 20:16

8月19日火曜日に、第13回 中学生 スピーチコンテストが 早良区市民センターで開催されました。 福岡市の各中学校から2名の学校代表が参加しました。

毎年3年生の参加が多い中、今年は2年生が優勝でした。

 タイトルは、”we all can be different”. ” 私たちはみんな違っていていい” でした。 審査は、内容(まとまり、印象など)が10点、発音(正確さ、明瞭さなど)が5点、表現(声の調子、大きさ、表現の工夫)が5点、パフォーマンス(流暢に話せているか)が5点、、の合計25点満点で行われました。

彼女はロビンズ・ネスト六本松校で、 Alex先生のプライベートレッスンを受けています。

コンテストの前は、Alex先生と、声の抑揚やイントネーション、発音、ジェスチャーなどを工夫していたようです。

優勝できてよかったです。

まずは無料体験レッスンへ!

0才から大人までの英会話ロビンズ・ネスト。
まずはレッスンを実際に体験して見ませんか?

無料体験レッスンへ
各校へのお問い合わせ
ページの先頭へ戻る